俳優

中村吉右衛門の死因は心不全!倒れた場所・心肺停止後の状態や死後の様子は?

画像引用元:プライムオンライン

2021年12月2日11月28日、歌舞伎役者の中村吉右衛門(なかむら きちえもん)さんが亡くなりました。

中村さんの死因は心不全でした。

中村さんは一度心肺停止の状態になり、その後蘇生されたようです。

心肺停止後の中村さんの状態はどんな様子だったのでしょうか。

また、中村さんの死後はどんな様子だったのでしょう。

中村吉右衛門の死因は心不全!倒れた場所は?

中村吉右衛門の死因は心不全!

中村さんは2021年3月28日の公演後に急性の心臓発作を起こし、心肺停止の状態で病院に運ばれたそうです。

中村吉右衛門が倒れた場所は?

中村さんは公演後に訪れた東京都内のホテルのレストランで急性の心臓発作を起こしたと報じられています。

中村吉右衛門の心肺停止後の状態や死後の様子は?

中村吉右衛門の心肺停止後の状態は?

中村さんは3月28日に心肺停止の状態で救急搬送され、その後は蘇生されたようです。

そして、4月30日に一般病棟で治療を受けていると松竹より発表されました。

心肺停止後の蘇生に成功しても、後遺症に苦しむこともあります。

中村さんが蘇生後に後遺症が残っていたかどうかは不明です。

ただ、一般病棟へ移ったということは、容態は安定していたと思われます。

心肺停止後の生存率は?

心肺停止後の生存率については次のように言われてます。

心肺停止は1分毎に生存確率が7~10%という確率でどんどん下がっていきます。

心肺蘇生の措置を何もせず、5分ほど経過すると助かる確率は、1~2割ほどと、絶望的なまでに低くなります。

しかし、救急車が現場に到着するまでの時間は、全国平均で8.5分です。

なので救急車が到着するまでに、その場にいる人達がいかにスムーズに一次的な心肺蘇生措置をできるかが生死を分けます。

引用元:OTSUCLE

中村さんは心肺停止後に無事に蘇生されています。

おそらく、中村さんがホテルのレストランで倒れた時、救急隊員が到着するまでにその場にいる人達によって迅速な心肺蘇生措置をとられていたものと思われます。

中村吉右衛門の死後の様子は?

中村さんが亡くなったときの様子について、松本白鸚さんが次のようにコメントされています。

病院での別れの顔は、安らかでとてもいい顔でした。

引用元:プライムオンライン

まとめ

  • 中村吉右衛門の死因は心不全!倒れた場所は?
  • 中村吉右衛門の心肺停止後の状態や死後の様子は?

以上をまとめてみました。